Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワキガを治す薬

ワキガを治すというか、ニオイを抑えることはできるでしょうね。

病気というわけではなく体質でもあるので、体質改善することでワキガ臭を推せることもできます。

薬には内服薬と外用薬に分かれますが、それぞれどのような薬があるか見てゆきましょう。

そもそもワキガとは

そもそもワキガとは、どういう事なんでしょうか?

ワキガは、「ニオイの元」となる物質が、わきの下にできることで発生するものです。
その「ニオイの元」となるものができる原因は、アポクリン腺から出るたんぱく質などの物質と、それを食べ物として分解されることでできるアンモニアなどの臭い物質であり、それが臭うわけです。

なので、ワキガ臭を防止するには、

  • アポクリン腺からの分泌をなくすこと
  • 皮膚の常在菌をなくすこと

この2つができれば、ワキガ臭が防げるわけです。

ワキガを治すために

それで、その原因となる2つのことに対応するにはどうすればいいのでしょうか?

アポクリン腺は、体の特定の部位の存在するものです。特に脇、外耳道、乳首、へその周り、外性器部分の多く分布しているといわれています。

ワキガの臭いは、元々をフェロモンの働きをするものと考えれば分布している部位にも納得ができますよね。特にワキの下は、腋毛がニオイを拡散するように作られていることもあり、一番臭いを発生する部位です。

ですので、わきの下を常に清潔にしておくことで、ワキガ臭はある程度防げる理屈であるわけです。

ワキガ臭の対処

わきの下のアポクリンでから出る物質を減らしたり、または出ないようにすることでワキガ臭は防げます。

そのため、考えられる対処としては、
・アポクリン腺を除去する
・アポクリン腺からの分泌を抑える

ですが、薬でできることは、「アポクリン腺からの分泌を抑える」事かなと思います。

外用薬(塗り薬)

アポクリン腺対策

ワキガ臭対策としては、塗り薬が良く使われます。
これは制汗作用として、皮膚を引き締める働きのある物質を塗ることで、アポクリン腺からの分泌を抑えるという対処法

昔は「ミョウバン」を使われてきましたたが、最近ではこのクリアネオでも使われている「パラフェノールスルホン酸亜鉛」がよく使われているようです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛が、アポクリン腺唐の分泌を抑えてくれるようです。

細菌対策

また、アポクリン腺から分泌された物質を分解する細菌をなくすこともワキガ臭の対策になります。
殺菌性のある薬をわきの下に塗ることで、細菌の繁殖を防止することでワキガ臭を抑える効果があるのです。

内服薬

内服薬としての、ワキガ対策薬は、まだないと思います。

内服薬としてはありませんが、日ごろの食事内容やライフスタイルを変えることで、分泌される物質の質を変えることができるようです。

日ごろから、肉や濃い味の食べ物、匂いのきつい食べ物を食べることで、体内で消化され、それがアポクリン腺より分泌されることもあるようです。

食べ物は薬のようなものですから、伊ごろのライフスタイツを見直されるのみ、ワキガ対策には効き目があると思います。