Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脱毛とワキガの関係。脱毛するとワキガは無くなる?

脱毛するとワキガ臭は無くなるのかということですが、脱毛にもさまざmな方法や機器があるので、一概には言えないところです。

結論から言うと、従来からある、ニードル針を使った脱毛法や、毛根にレーザーを当てることで毛根のメラニン色素に反応させて脱毛する方法であれば、ワキガにも効果があると言えます。

しかし、その他の脱毛方法では、効果は無いので、注意してくださいね。

腋臭が発生する仕組み

ワキガは、病気などではなくて、体臭が人よりも強い体質といえます。

人の表皮には、汗を出す、エクリン腺とアポクリン腺があります。
エクリン腺は、人の体の大部分に分泌していますが、アポクリン腺は特殊な働きのために、分布している部位が決まっていて、耳の中、わきの下、乳首周辺、陰部周辺に多く分布しています。

ワキガは、わきの下に多く分布するアポクリン腺から分泌させる汗が、表皮に住む常在菌が分解することにより、刺激臭のある分泌物に変えるのです。その分泌物が腋毛に着くことで広く拡散するようになっています。

本来はフェロモンともいえる人にとっても、異性を獲得するためにとても重要な役割をしている機能ですが、現代人にとっては、忌避されることが多くなっていて、ワキガ体質の人の悩みとなっています。

脱毛の仕組み

一般的に行われている脱毛ですが、その方法にも様々なものがあるようです。
脱毛方法によっては、ワキガ対策にならない方法もあるので注意が必要です。

  • 電気針脱毛(ニードル)
  • 光脱毛
  • 医療レーザー脱毛

脱毛方法の種類について細かくみてゆきましょう。

電気針脱毛(ニードル)

毛穴1本1本に、電気を通じることのできる小さな針を差し込み、電気を流して毛根を焼き切る方法です、

焼かれた毛根はケロイド状になり、再生能力が無くなるので、毛が生えてこくなります。

腋臭の手術で行われる「電気凝固法」は、ほぼこの電気針脱毛と言ってもいいでしょう。

ワキガ手術で行う「電気凝固法」は、深い部分にあるアポクリン腺を破壊するために深く針を差し込む点が違っていますが、手法としては同じです。

1本1本処理して行くために、費用g高くなることと、時間がかかることが難点と言えます。

光脱毛

医療機関で使うことのできり強い機器は使用できない脱毛サロンで使われている方法です。

基本的には、毛の生えてくる部位に弱い光線を当てることで、毛根の機能を弱めるのがサロンで行われている脱毛です。
また、最近の脱毛サロンは、痛みの毛減と皮膚トラブルを避けるために、毛根部分に作用させずに、バルジ領域を呼ばれる部位に作用させることで脱毛効果を出すものがあります。この場合は、アポクリン腺はそのままですので、ワキガ対策としての効果は期待できません。

光脱毛の場合は、もともと脱毛効果も薄いものが多いので、脱毛サロンでの脱毛では、ワキガ対策の効果はあまり期待できないと言えます。

医療レーザー脱毛

医療機関だけが使うことのできる、強いレーザー光線を出す機器を使うことで、毛根を熱破壊して毛の再生能力をなくす方法です。

毛のメラニンの黒い部分が熱を吸収して発熱し、後根を含む毛穴をケロイド状に破壊するので、アポクリン腺の出口も塞ぐ効果がある。

脱毛効果とワキガ対策を一緒に狙うのであれば、医療機関でのレーザー脱毛が効果的といえます。

ただし、医療機関での脱毛でも、危機によってはサロンと同じように、バルジ領域を破壊して脱毛する「痛くない脱毛」もあるので注意が必要です。

従来の、毛根を熱破壊する方式での脱毛クリニックを選ぶことが、ワキガ対策のポイントと言えます。

なお、脱毛クリニックでの脱毛にせよ、皮膚科での「電気凝固法」にせよ、毛の周期があるので、完了までには5~6回程度、脱毛を繰り返す必要があります。