Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クリアネオの制汗効果実験 その1

クリアネオがワキガ臭に効果的であることをどのようにお伝えすればいいかということを考えてきました。

クリアネオの制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛がどのように肌に作用するかなどをお伝えしたいと思ってきました。

そのため、まずは塗ってみてどの程度効果があるかを人体実験として示したわけです。

その時のレポートがこちら
参考 クリアネオの制汗力効果について、人体実験してみた

このときは、クリアネオが手元の届いてすぐに実験したもので、塗り始めたばかりの頃で、更には、腕に塗ってすぐに効果が出るのかという実験だったわけです。

塗った直後の場合は、パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果がわからずじまいでした。

制汗効果を上げるには塗り続けることがポイント

その後、クリアネオの会社に電話で問い合わせしたりして、クリアネオの制汗効果を上げるには、即効性というよりも継続して使うことで、肌質の改善や体質改善によって、汗を出にくくすることが可能であると知りました。

即効性を期待するよりも、継続して塗り続けることで皮膚の質が変わってくるようなんですね。

これもですね、電話で聞いたときは、なるほどと思った反面、「解約させずにいくつも買わせる手だな」と思ったわけです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛のすごい効果

その後、クリアネオの制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛のことを調べていたら、すごい資料を発見したんです。

それがこれ。
http://matsumoto-trd.com/product/pdf/concept/g01.pdf

この報告書によれば、複数の被験者に、当該商品を腋下に毎日朝夕2回塗って、それを5日繰り返したようです。
すると5日目には、青函区加賀42%アップしたと書かれてあるんです。

なるほど・・
パラフェノールスルホン酸亜鉛は、地道に皮膚の働きかけて、制汗効果を上げてゆくものなんだなとわかったわけです。

制汗効果を実験してみた

それで、どうしたらその精悍効果を客観的に判断できるようにするかということで、自分の腕に塗って実験することにしました、

腕に塗ってみた

わかりやすく、腕にマーキングして、クリアネオの塗った部分と、塗っていない部分がわかるようにして、クリアネオを塗布してみました。


▲この枠の中にクリアネオを塗ってみます

塗ってみました。


▲塗った部分だけテカっています

腕の部分って、結構他の物に触れるので、塗ったクリアネオが取れやすいかなと思っていますが、これ朝晩塗って、5日感続けてみたいと思います。

その後、汗の状態がどうなるかですね。

続けて実験してみます。